大人の社会学部

【満席】VIDEO ON THE ROADSIDE「はぐれAV劇場」鑑賞会 vol.3/出演:大須蔵人&都築響一

更新日:

開催日程

出演 大須蔵人&都築響一
日時 2017年11月11日(土)17:00〜19:00※開場16:45
参加費用 3,000円(ワンドリンク付き。当日受付払い。要予約。18歳未満の方は入場できません。できるだけお釣りのないようにご協力お願いいたします)
定員 35名
開催場所 株式会社ケンエレファント内「神保町大学」 東京都千代田区猿楽町2-1-14 A&Xビル4F(地図はこちら

満席となりました。たくさんのお申し込みありがとうございます。

イベント概要

週刊メールマガジン「ロードサイダーズ・ウィークリー」の人気連載「はぐれAV劇場」特別興行!! 大須蔵人と都築響一によるオフライン鑑賞講座!! 満員御礼&来場者の5割強が女性と大好評につきvol.3の開催が決定!!

日々、生産→消費→廃棄され、そして「忘れ去られ」ていく数多のAVから誰も取り上げないレアグルーヴ(ビデオ)を掘りおこし、単なる(あるいは全く)エロではない、時代の記録として、また表現者の模索の痕跡としての作品群を紹介するイベントです。

第3回となる今回は、初の土曜開催(有志で2次会もあり!?)。これまで紹介できなかった、知られざる問題作を大放出!

アダルトビデオから、いったんオナニーツールという枠組みを外してみると、そこには性を通した人間の、そして時代の記録が写し取られていることに気づかされる。

日本のAVは、その独特なドキュメント志向に特徴づけられ、またその中から「インタビュー・スタイル」や、「ハメ撮り」といった独自の映像表現を確立した。

「リアルドキュメント」を軸に、AVの歴史と、そこから生まれたさまざまな「記録としてのAV」。さらに、ドキュメント・スタイルとならんで日本のAVに特徴的なのが、その突飛な企画力だといえる。

それは決して「アート」でもなく、アートを志向するような「もはやアート」ですらない独自の原理で到達した尖端性を備えている。プレイ、パフォーマンス、ロケーションなど、AV史に輝く尖端(極北?)志向をたたえた、さまざまな実験的な作品を取り上げる。

この機会を逃すと、ほとんど観賞不可能な作品が多数登場する予定なので、くれぐれもお見逃しなきよう。

──都築響一

満席となりました。たくさんのお申し込みありがとうございます。

-大人の社会学部

Copyright© 神保町大学 , 2017 AllRights Reserved.