神保町大学とは

世界一の古本街で未来を“面白くする”

神保町大学は、ホビーメーカー・ケンエレファントと出版エージェンシー・クラウドブックスが共同で手がける出版社「kraken(クラーケン)」が運営する学びの場です。

キャンパスは世界一の古本街・神保町。全5回の授業を5章構成の本(コンテンツ)として捉え、来るべきフリーエージェント時代と人生100年時代(※)を見据えた、新しい「価値観」「働き方」「スキル」が学べる授業を展開していきます。

▲神保町メインキャンパス(写真=栗原論)

講師は有名・無名を問わず、「グーグル検索だけでは学べないこと」を伝えられる方たちを厳選。自発的な学びの場になるように、ワーク形式を重視する授業構成となっています。

また、卒業生が参加できる神保町エリアでの課外活動や交流イベントも定期開催。学ぶとともに横のつながりがゆるやかに増えていく場を提供します。

さらに、卒業生コミュニティから創発的に企画や小商いが生み出されるよう、ケンエレファント、クラウドブックスもサポートしていきます。

気になる授業がありましたら、ライブやイベントに行くような感覚でお申込みいただけると嬉しいです。

神保町大学 運営スタッフ一同


フリーエージェント……フリーランス、臨時社員、ミニ企業家からなる独立した労働者の総称。日本における広義のフリーランスは1,228万人に及び、労働人口の19%に達している。

人生100年時代……カリフォルニア大学とマックス・プランク研究所の研究によれば、2007年に生まれた先進国の子どもの平均寿命は100歳を超える。

引用元:東京大学教授・宇野重規「新たな働き方としてのフリーランス」(NIRA総研)

更新日:

Copyright© 神保町大学 , 2017 AllRights Reserved.