街と歴史学部

パンダ・グラビア本『HELLO PANDA』大ヒット記念トークイベント/出演:著者・小澤千一朗、ゲスト:写真家・田附勝

投稿日:

開催日程

日時 2017年12月16日(土)13:30〜15:00 ※開場13:15
参加費用 1,500円
定員 35名
開催場所 株式会社ケンエレファント内「神保町大学」 東京都千代田区猿楽町2-1-14 A&Xビル4F(地図はこちら

イベント概要

発売4ヵ月で4刷と異例の大ヒットを記録しているパンダ・グラビア本『HELLO PANDA』(トランスワールドジャパン)

和歌山・南紀白浜のアドベンチャーワールドで繁殖する通称・浜家のパンダたちの日常をとらえた写真が、国内外のファンから熱い支持を受けています。

今回、著者の小澤千一朗さんをお招きし、本書初となるトークイベントが神保町大学で開催決定。膨大なデータから厳選した写真とともに、知られざるパンダの秘密を紹介していただきます。

そして、スペシャルゲストは『東北』(リトルモア)で木村伊兵衛写真賞を受賞し、古くから小澤さんと交流のある写真家・田附勝さん。

お誘い合わせの上、ぜひご参加くださいませ。当日は『HELLO PANDA』ももちろん販売いたします。

出演者プロフィール

小澤千一朗

ライター/編集者。90年代、専門誌編集長としてアメリカでのスケートボードカルチャーの取材を精力的にこなした後、'01年『Sb SkateboardJournal』を自身で刊行する。以後、定期刊行するかたわら、ストリートカルチャーにとどまらず、多角的に国内外の媒体で活動を続けている。新著書、希少動物パンダのグラビア本『HELLO PANDA』が発売中。

田附勝

写真家。1974年富山県生まれ。1995年よりフリーランスとして活動を始める。2007年、デコトラとドライバーのポートレートを9年にわたり撮影した写真集『DECOTORA』(リトルモア)を刊行。2006年より東北地方に通い、東北の人・文化・自然と深く交わりながら撮影を続ける。2011年、写真集『東北』(リトルモア)を刊行、同作で第37回木村伊兵衛写真賞を受賞。写真集『その血はまだ赤いのか』(SLANT/2012年)、『KURAGARI』(SUPER BOOKS/2013年)、『「おわり。」』(SUPER BOOKS/2014年)、『魚人』(T&M Projects/2015年)など。

※Yahoo!が運営するチケットサービス「パスマーケット」を通じた決済となります。クレジットカード決済、コンビニ決済に対応しています。本イベントはキャンセル不可となります。

-街と歴史学部

Copyright© 神保町大学 , 2017 AllRights Reserved.